MENU
カテゴリー

【葬儀社の選び方】良い葬儀社を選ぶ5つのポイント

葬儀社 選び方
マサヒロ

満足のいく葬儀を行う上で欠かすことのできない葬儀社選び。

この記事では良い葬儀社の選び方について5つのポイントを交えながら紹介しています。

これから葬儀社選びを行う予定の人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

後悔しない葬儀社選びのポイント

急に執り行うことの多い葬儀では事前に葬儀社を比較する余裕もなく多くの人が葬儀後に後悔をしています。

くらべる葬儀 後悔
  • 事前に打ち合わせをした時と違う葬儀費用を請求された…
  • 様々な葬儀オプションを付けられ必要以上に豪華な葬儀に。予算オーバーして支払いが大変…
  • 葬儀スタッフの対応が事務的で素っ気ない

多くの人が葬儀費用や葬儀スタッフの対応を理由に葬儀後の不満や後悔を感じていますが、100%思い通りの葬儀をあげることは簡単なことではありません。

少しでも葬儀後の後悔を減らすためには複数の葬儀社を比較しながら各葬儀社の葬儀費用・葬儀サービスを調べ「葬儀社選びの基準」を自分の中に持つことが大切です。

葬儀資料の一括請求サービスを利用すると入力した希望エリア内にある葬儀社の資料を一括で取り寄せることができ、葬儀費用や葬儀サービスを簡単に比較することができます。

取り寄せた資料をもとに複数の葬儀社を比較することで「希望の葬儀だと葬儀費用の相場は〇〇万円くらいだね」「ここの葬儀社は最初から最後まで担当者が同じ人だって」など、葬儀社選びの基準を自分の中に持つことができます。

急な葬儀でいきなり葬儀社を決めようとしている人や、1社だけしか葬儀社をチェックしていない人は1分ほどの簡単入力で資料を取り寄せられるので、葬儀社を決める前に一度資料請求をしてみて下さい。

資料請求は無料で行うことができメールと郵送のどちらか好きな方法で資料を受け取ることができますが、資料請求をしたからといって必ず葬儀社を利用する必要はありません。
葬儀内容や葬儀費用など、あなたが納得した時のみ葬儀社を利用すれば問題ありません。

目次

葬儀社の選び方を知る前に…

葬儀社の選び方を知る前に「自分にとっての良い葬儀」について考えることが大切です。

例えば葬儀を考えている次のような2人がいたとします。

男性A

余計な飾り付けをしないシンプルな葬儀をしたい。
葬儀費用も可能な限り抑えたい。

女性B

故人はお花が大好きだったから沢山のお花で故人を送り出したい。
葬儀費用はあまり気にせず花の飾り付け種類や数を優先したい。

葬儀費用を少しでも抑えたい男性Aにとっては葬儀費用の高い葬儀社は良くない(不満を感じる)葬儀社になりますが、葬儀費用をあまり気にせず花の種類や数の多さを優先する女性Bにとっては葬儀費用の高さは葬儀社選びでの大きなポイントにならず、葬儀費用の高い葬儀社も希望の葬儀さえあげてくれれば良い葬儀社になります。

このように自分がどのような葬儀をあげたにかによって良い葬儀社も異なるため、葬儀社の選び方を考える時には自分にとっての「良い葬儀」について事前に考えておくことが大切です。

【葬儀社の選び方】葬儀社の種類と各葬儀社の特徴

自分にとっての良い葬儀社を考えた上で、葬儀社を選ぶ時には次の4種類の葬儀社があること頭の中に入れておくようにして下さい。

【葬儀社の種類】
  1. 葬祭専門業社
  2. 協同組合
  3. 互助会
  4. 葬儀サービスの仲介業者

1.葬祭専門業社

葬儀を専門に行う業者で多くの人が葬儀社と聞いてイメージする葬儀社。

  • 窓口スタッフと葬儀スタッフが同じ会社で安心
  • 自社で斎場などの施設を保有しており柔軟な対応が可能
  • ワンストップサービスで葬儀の全てを任せられる

2.協同組合

JAや生協などの協同組合が運営しており組合員を主な対象とする葬儀社。

  • 組合員は割安で葬儀を依頼することが可能
  • 条件を満たすと組合員以外も利用できる

3.互助会

月々の掛け金を支払いいざという時に備える冠婚葬祭互助会。

  • 掛け金は葬儀以外にも結婚式などに利用可能
  • 掛け金で足りない部分は追加で支払う点に注意

4.葬儀サービスの仲介業者

複数の葬儀社から希望条件に合った葬儀社を紹介いてくれる仲介業者。

  • 葬儀社選びに迷った時に手間なく希望条件に合った葬儀社を紹介してもらえる
  • 葬儀費用が明瞭
  • 昔ながらの葬儀社に比べネット対応が進んでいる
  • 実際に仲介業者が葬儀を行うわけではないため 二度手間になることも

【葬儀社の選び方】葬儀社を選ぶ時の5つのポイント

葬儀社の種類を把握した後は次に紹介する5つのポイントを参考に葬儀社を選ぶようにして下さい。

【葬儀社の選び方】
  1. 葬儀対応エリア
  2. 明瞭な葬儀費用
  3. 葬儀社スタッフの対応
  4. 葬儀以外のサポート
  5. 複数の葬儀社を比較

1.葬儀対応エリア

葬儀社選びでは希望するエリアの葬儀に対応しているかが葬儀社を選ぶ時のポイントになります。

  • 地元地域だけに対応した葬儀社
  • 関東・関西の大都市だけ対応した葬儀社
  • 全国展開している大手葬儀社

葬儀社によって対応エリアが違うため自分が相違を希望するエリアで葬儀に対応しているか最初に確認して下さい。

マサヒロ

先ほど紹介した葬儀会社の仲介業者は自分の地域に対応している葬儀社を紹介してくれるので地域を気にず依頼することができます。

2.明瞭な葬儀費用

葬儀社選びで大切なポイントになる葬儀費用ですが、葬儀費用の安さではなく葬儀費用の詳細をハッキリと明示している葬儀社を選ぶようにして下さい。

葬儀社の中には「〇〇万円葬儀プラン」など葬儀費用の安さを大きくアピールしている葬儀社もありますが、葬儀プランとは別にかかる費用を小さな文字で書いていることもあります。

「実際に葬儀をあげた時に総額葬儀をいくら払う必要があるのか」

葬儀費用の安さではなく実際にかかる葬儀費用の詳細をしっかりと明示している葬儀社を選ぶようにして下さい。

3.葬儀社スタッフの対応

どんなに良い葬儀社を利用しても担当する葬儀社のスタッフと合わない時は満足のいく葬儀は難しくなります。

葬儀社スタッフとの相性は実際に会わなければわからない部分もあるため難しいですが、話をする中で次のようなポイントを意識することで家族や故人目線で葬儀をあげてくれる人なのかをチェックすることができます。

  • 無理に契約を急がせるようなことはないか
  • 葬儀で分からない点について丁寧に説明してくれるか
  • 一方的な説明ではなく希望の葬儀を聞いた上で提案をしてくれるか
  • 葬儀費用について全ての詳細を説明してくれるか
マサヒロ

私も実際に葬儀社へ葬儀を依頼し同じ葬儀社でも担当者によって葬儀の満足度が大きく変わることを実感しました。

事前相談や見積りの段階では葬儀を必ず依頼する必要はありません。
いざという時に慌てないためにも事前の葬儀準備をしておくことをお勧めします。

4.葬儀以外のサポート

葬儀は葬儀だけでなく葬儀前の準備から葬儀後の四十九日法要など葬儀以外にもやるべきことが多くあります。

葬儀前の事前相談や葬儀後のサポートなど葬儀以外のサポートに対応してるかも葬儀社選びの大切なポイントです。

5.複数の葬儀社を比較

葬儀社選びでは1社だけでなく可能な限り複数の葬儀社をチェックすることが大切です。

複数の葬儀社をチェックすることで様々なメリットがあります。

  • 葬儀費用の相場を掴める
  • 葬儀サービスを比較できる
  • 葬儀社、担当者が合わない時のリスクヘッジができる
マサヒロ

1件ずつ葬儀社を調べて比較することは大きな手間となり、急に執り行うことの多い葬儀では葬儀社を比較する時間がない人も多くいます。

このような時は複数の葬儀社を一括で比較できる安心葬儀を利用してみて下さい。

安心葬儀は全国7,000社の葬儀社から希望条件に合った葬儀社の見積りを一括で取得できる葬儀社比較サイトになります。

1分で終わる名前や電話番号の簡単入力で全国7,000社の葬儀費用を簡単比較できるため、担当者に言われたままの金額で葬儀を行い無駄な出費をすることもなくなります。

マサヒロ

安心葬儀で一括見積りした後も紹介された葬儀社を必ず利用する必要はありません。 葬儀内容や葬儀費用など、あなたが納得した時のみ葬儀社を利用すれば問題ありません。

葬儀社 選び方

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

マサヒロのアバター マサヒロ 終活ガイド認定者

祖母の死をきっかけに終活の大切さを痛感し終活ガイド認定者に。
初めて葬儀をする人に少しでも役立つ情報を提供するため、本業のITスキルを活かしてこのサイトを作りました。

目次