MENU
カテゴリー

【セレモニーホール天翔】南流山駅前ホールで葬儀をあげた40代女性の体験談

セレモニーホール天翔 南流山駅前ホール 利用者体験談
マサヒロ

この記事では千葉県にあるセレモニーホール天翔の南流山駅前ホールで葬儀をあげた40代女性I.Aさんの葬儀体験談を紹介しています。

これからセレモニーホール天翔の南流山駅前ホールで葬儀を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

後悔しない葬儀社選びのポイント

急に執り行うことの多い葬儀では事前に葬儀社を比較する余裕もなく多くの人が葬儀後に後悔をしています。

くらべる葬儀 後悔
  • 事前に打ち合わせをした時と違う葬儀費用を請求された…
  • 様々な葬儀オプションを付けられ必要以上に豪華な葬儀に。予算オーバーして支払いが大変…
  • 葬儀スタッフの対応が事務的で素っ気ない

多くの人が葬儀費用や葬儀スタッフの対応を理由に葬儀後の不満や後悔を感じていますが、100%思い通りの葬儀をあげることは簡単なことではありません。

少しでも葬儀後の後悔を減らすためには複数の葬儀社を比較しながら各葬儀社の葬儀費用・葬儀サービスを調べ「葬儀社選びの基準」を自分の中に持つことが大切です。

葬儀資料の一括請求サービスを利用すると入力した希望エリア内にある葬儀社の資料を一括で取り寄せることができ、葬儀費用や葬儀サービスを簡単に比較することができます。

取り寄せた資料をもとに複数の葬儀社を比較することで「希望の葬儀だと葬儀費用の相場は〇〇万円くらいだね」「ここの葬儀社は最初から最後まで担当者が同じ人だって」など、葬儀社選びの基準を自分の中に持つことができます。

急な葬儀でいきなり葬儀社を決めようとしている人や、1社だけしか葬儀社をチェックしていない人は1分ほどの簡単入力で資料を取り寄せられるので、葬儀社を決める前に一度資料請求をしてみて下さい。

資料請求は無料で行うことができメールと郵送のどちらか好きな方法で資料を受け取ることができますが、資料請求をしたからといって必ず葬儀社を利用する必要はありません。
葬儀内容や葬儀費用など、あなたが納得した時のみ葬儀社を利用すれば問題ありません。

目次

セレモニーホール天翔の南流山駅前ホールで葬儀をあげた人

6.女性 マダム483×483
  • 名前:I.Aさん
  • 年代:40代中頃
  • 家族構成:既婚(子供2人)
  • 住まい:千葉県
  • 故人との関係:家族・親戚

【セレモニーホール天翔】南流山駅前ホールの評価や葬儀をするきっかけなど

【セレモニーホール天翔 南流山駅前ホール】
  • 公式サイト:http://tenshou.com/hall/minaminagareyama.html
  • 総合評価:
  • セレモニーホール天翔の南流山駅前ホールを知るきっかけ:
    ・家族、親戚の紹介
  • セレモニーホール天翔の南流山駅前ホールを選んだ理由:
    ・家族、親戚の紹介されたから
  • セレモニーホール天翔の南流山駅前ホールに決めたタイミング:
    ・逝去日
  • 葬儀規模:
    ・20人以下
  • 葬儀費用(概算):
    ・50万円台

【セレモニーホール天翔】南流山駅前ホールの評判

セレモニーホール天翔の南流山駅前ホールを利用して良かった点

I.Aさん

残された人に寄り添った葬儀をしてくれた

「人は死んだら骨壺に入り土に戻るだけだから派手なことはしないでくれ」と言っていた父が亡くなりました。

葬儀社は近くに住む親族が利用して良かったと教えてもらったセレモニーホール天翔の南流山駅前ホールにお願いしました。

葬儀についてよく分からない中、花や祭壇の希望を伝えると担当の方が丁寧に対応してくれました。

特に感謝していることは遠方に住む兄弟が来るまでの間に父の体を預かってもらい、事前に連絡をすれば毎日でも会いに来て下さいと言ってもらえたことです。

取り乱しがちだった母はこの時間を通して父の死を受け入れられたようです。

私たちにとってはとても助かりましたが、葬儀社の方は私たちが会いに行く度に小柄ではない父の体を運び出し面会できる状態にして下さったので、今も本当に感謝しています。

また、担当者の方には葬儀のことだけでなく初七日に至るまでの色々なことを教えて頂きました。

セレモニーホール天翔は自分で選んだ葬儀場ではなかったですが、故人を悼みながらもじめつかせない葬儀をできたのは、こちらの葬儀社と担当者の方のお力あってのことだと思います。

セレモニーホール天翔の南流山駅前ホールを利用して残念だった点

I.Aさん

食事時の対応がイマイチ

セレモニーホール天翔に対して特に大きな不満はありませんが、食事時に少し残念なことがありました。

父の葬儀は家族葬でしたが、夫の職場関係の方がどうしてもということで来てくれました。

葬儀が終わる直前に来られた方がおり食事は多めに頼んでいたので大丈夫でしたが、お茶を除く飲み物がほとんどなくなっていました。

追加料金が発生しても構わないのでビールをお願いしましたが、葬儀が終わる最後の最後まで出てくることはありませんでした。

飲み物のお願いは給仕の時に補助で入られた感じの方に3度しましたが、2度は分かりましたと言われ3度目はもう時間が…的なことを言われました。

これを言われた時は苦情を言いたくもなりましたが、父の「いいじゃないか」と言っている顔が浮かびぐっと言葉を飲みました。

今思い返してみるとお願いした方はあまり仕事に慣れている感じではなかったのでお願いする担当を変えた方が良かったのかもしれませんが、50万円程度の葬儀では追加の飲み物も手配できないのかと残念に思ったのは確かです。

飲み物の一件がお願した方の問題なのか安い葬儀をしたことが理由なのかは分かりませんが、これからセレモニーホール天翔で家族葬をする方は追加の食べ物や飲み物が可能なのか事前に確認しておくことをおすすめします。

飲み物を出せなかったのが夫の上司ではなく同僚だったことが唯一の救いでした。

セレモニーホール天翔南流山駅前ホールを利用する人や葬儀社選びをする人へアドバイス

I.Aさん

事前に希望をしっかりと伝える

今まで葬儀に参加したことはありましたが、多くの人と同じように葬儀をする側になるのは今回が初めての経験でした。

親戚や知人から事前に色々と話しを聞いていたので、葬儀社の担当者には最初から金額のことも含めて細かい希望をきちんと伝えるようにしました。

希望をしっかりと伝えたことで結果的には限られた予算の中で満足のいく葬儀ができたと思います。

先ほど紹介した飲み物の一件も希望を十分伝えず100万円以上の高額な葬儀代を払っていたら、もっと感情的になりクレームを伝えていたと思います。

多くの人が辛い感情に耐えながら行う葬儀ですが、辛い気持ちに沈むのは葬儀後にして葬儀が終わるまでは心をしっかりもち葬儀費用を含めた希望をしっかり伝えるようにして下さい。

自分に合った葬儀社の選び方

マサヒロ

自分の希望に100%合った葬儀社を見つけるのは簡単なことではありません…

  • 少しでも安い葬儀社
  • 大きな駐車場のある葬儀社
  • 宿泊施設のある葬儀社
  • 家族葬に対応した葬儀社
  • 地元の風習に詳しい葬儀社
  • 大手で名前の知れた葬儀社

葬儀社に求めることは人それぞれ異なりますが、少しでも自分の希望に合った葬儀社を探すには複数の葬儀社を比較することが大切です。

複数の葬儀社を比較し各葬儀社のサービス内容や葬儀費用をチェックすることで多くの人がしている葬儀後の後悔を防ぐことができます。

くらべる葬儀 後悔

しかし、1件ずつ葬儀社を調べて比較することは大きな手間となり、急に執り行うことの多い葬儀では葬儀社を比較する余裕のない人も少なくありません。

このような時は葬儀資料の一括請求サービスを利用することで希望エリア内にある複数の葬儀社資料を一括で取り寄せることができ、葬儀費用や葬儀サービスを簡単に比較することができます。

取り寄せた資料をもとに複数の葬儀社を比較することで「希望の葬儀だと葬儀費用の相場は〇〇万円くらいだね」「ここの葬儀社は最初から最後まで担当者が同じ人だって」など、葬儀社選びの基準を自分の中に持つことができます。

急な葬儀でいきなり葬儀社を決めようとしているや1社だけしか葬儀社をチェックしていない人は1分ほどの簡単入力で資料を取り寄せられるので、葬儀社を決める前に一度資料請求をしてみて下さい。

資料請求は無料で行うことができメールと郵送のどちらか好きな方法で資料を受け取ることができますが、資料請求をしたからといって必ず葬儀社を利用する必要はありません。
葬儀内容や葬儀費用など、あなたが納得した時のみ葬儀社を利用すれば問題ありません。

まとめ

千葉県にあるセレモニーホール天翔の南流山駅前ホールで葬儀をあげた40代女性I.Aさんの葬儀体験談を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

全国に対応した葬儀社や地元に密着した葬儀社など、利用する葬儀社によって葬儀費用や担当者の対応も大きく異なります。

複数の葬儀社を比較しながら故人の希望を少しでも叶えられる葬儀社を選んで下さい。

葬儀社レビュー

セレモニーホール天翔 南流山駅前ホール 利用者体験談

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

マサヒロのアバター マサヒロ 終活ガイド認定者

祖母の死をきっかけに終活の大切さを痛感し終活ガイド認定者に。
初めて葬儀をする人に少しでも役立つ情報を提供するため、本業のITスキルを活かしてこのサイトを作りました。

目次