MENU
カテゴリー

札幌で小さなお葬式の評判は?口コミ・葬儀費用・利用方法を解説

マサヒロ

この記事では札幌で実際に小さなお葬式を利用した人の口コミ・評判について紹介しています。

札幌で小さなお葬式の利用を考えている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

目次

札幌で小さなお葬式を利用した人の口コミ

【当サイトの口コミについて】

各葬儀社の公式サイトでは良い口コミだけを紹介しているケースもあり口コミをそのまま鵜呑みにすると葬儀社選びの判断を誤る可能性もあります。
葬儀の歩き方ではクラウドソーシングや当サイトで独自に募集した当サイトオリジナルの口コミだけ掲載しています。
良い口コミだけでなく葬儀社に不満を感じた人の口コミも掲載しているので安心して葬儀社選びの判断材料に利用して下さい。

小さなお葬式(札幌)の総合評価

3.8(回答者3人)
最高
良い
2
普通
1
悪い
最悪
スクロールできます

故人を中心に考えてくれた葬儀社

5.女性 カジュアル 眼鏡483×483
O.Fさん


葬儀参列者数:〜10人
葬儀費用:20万円台

なるべく規模は狭く葬儀費用も抑えめで葬儀を行うのがが故人の希望でした。
それを叶えるなるため家族と本当に親しい方だけを呼んだ小さなお葬式をあげられたのは良かったです。
私は親戚に聞くまで知りませんでしたが故人の入った棺桶に釘を打ち込む習慣があるらしいですが生前に父が釘は打ち込まないでくれと母に頼んでいたらしいです。
その意思を葬儀社の担当者に伝えるとしっかり尊重してくれてウ釘を打たないように取り計らってくれました(担当者に聞くと釘打ちというらしく現在はほとんど行われていないようです…)
葬儀の主役は故人なので、その故人の意志を最大限尊重してくれた態度に好感がもてる会社です。
その他の手続きなどはスムーズにに行われ大きな不満も特にありません。

最初から最後まで信頼できた葬儀社

3.男性 スーツ 若483×483
A.Sさん


葬儀参列者数:〜10人
葬儀費用:20万円

葬儀費用は25万円前後でした。
葬儀の流れとしては「納棺→通夜→告別式→火葬」と一般的なものでしたが、遺体や遺影など本当にきれいに生前のまま送り出してくれるように手配してくれたので嬉しかったです。
初めての葬儀だったので混乱していましたが葬儀の相談段階から丁寧に対応してくれたので落ち着いて通夜、葬儀を執り行うことができました。
お棺を運ぶとき涙が止まらなくなってしまいましたが男性スタッフが優しく肩に手を置いてくれて「しっかりと送り出して差し上げましょう」と声をかけてくれたのは今でも心に残っています。
この世の中で金額やサービスよりもそういった人の心に寄り添える仕事ができる素晴らしい会社だったと心から思っています。
今でも感謝してもしきれません。

事務的な対応に不満

3.女性 スーツ 若483×483
K.Tさん


葬儀参列者数:〜10人
葬儀費用:30万円台

葬儀では母の好きな音楽を流してもらいましたが母が持っていたCDは古く再生できない状態で困りました。
その時に音源をインターネットで探し出し購入してくれて、それをそのままスピーカーから流してもらえました。
時間の無い状況の中で柔軟に対応してくれたのは本当に助かりました。
一方で対応全般については不満が多くありました。
50代以上のスタッフが多く仕事として事務的に対応しているような印象を強く受け、故人に対する敬意も感じられませんでした。
もう少しこちらの気持ちになって丁寧に対応して頂きたいと思いました。
また斎場前に駐車場が2台分しかなく遠方から参加して頂いた方に遠くの有料駐車場に車を停めてもらうことになりました。
敷地スペースの関係から車を停められないのは仕方ありませんが、近隣駐車場と提携するなどの対応が欲しかったです。

小さなお葬式の資料を取り寄せる

【参考額】札幌で小さなお葬式を利用する時の葬儀費用

札幌で小さなお葬式を利用した時の具体的な葬儀費用をイメージしてもらうため、当サイトに寄せられた口コミから葬儀費用と参列者数の関係を表にまとめました。

スクロールできます
参列者/
葬儀費用
〜10人10人〜20人20人〜30人30人〜40人40人〜50人50人〜60人60人〜70人70人〜80人80人〜90人90人〜100人100人〜150人150人〜200人200人〜
〜10万円
10万円台
20万円台1人1人
30万円台1人
40万円台
50万円台
60万円台
70万円台
80万円台
90万円台
100万円〜150万円
150万円〜200万円
200万円〜
マサヒロ

小さなお葬式の詳しい葬儀プランは下の記事を参考にして下さい。

札幌で小さなお葬式を利用する時の注意点

札幌で小さなお葬式の利用を考えている人は小さなお葬式が葬儀社ではなく、希望条件に合った葬儀社を紹介してくれる仲介会社であることに注意して下さい。

そのため小さなお葬式で葬儀をあげるのではなく「小さなお葬式に紹介してもらった葬儀社で葬儀をあげる」ことを頭の片隅に入れておいて下さい。

急いで葬儀社を見つける時は仕方ありませんが、葬儀社を調べる時間のある人は担当者に紹介された葬儀社を一方的に利用するのではなく、自分で名古屋の葬儀社について予備知識を入れておくことが大切です。

小さなお葬式では事前に無料の資料請求をしておくと希望する地域の葬儀社をまとめたパンフレットをもらえます。

小さなお葬式 おすすめ葬儀場

パンフレットには葬儀社の様子が写真入りで紹介されており、実際に葬儀社を利用した人の口コミなども紹介されています。

小さなお葬式 おすすめ葬儀場
小さなお葬式 おすすめ葬儀場 口コミ

名前や電話番号など1分ほどの簡単入力で資料請求できるので、少しでも自分の希望する葬儀にしたい人はひと手間を面倒くさがらずに資料請求してみて下さい。

札幌で小さなお葬式を利用する時の流れ

札幌で小さなお葬式を利用する時の流れは次のようになります。

【小さなお葬式 利用の流れ】
  1. 資料請求
  2. 葬儀の依頼
  3. お迎え・ご安置
  4. 打ち合わせ
  5. 納棺
  6. 通夜式
  7. 告別式
  8. 火葬
  9. 支払い
STEP
資料請求
小さなお葬式 資料請求
STEP
葬儀の依頼

急な時も24時間365日電話で対応してくれるので安心です。

小さなお葬式 電話番号:
0120-926-361

STEP
お迎え・ご安置

逝去を知らせると迎えに来て自宅を含め希望の安置場所へ搬送してくれます。

STEP
打ち合わせ
葬儀プラン

葬儀内容や葬儀費用について相談した後は条件に合った葬儀プラン・葬儀会社を紹介してくれます。

STEP
納棺

棺を葬儀場まで搬送。

STEP
通夜式

(選択した葬儀プランによって通夜式はなし)

STEP
告別式
  • 選択した葬儀プランによって告別式はなし
  • 選択した葬儀プランによって通夜式と同日に行う
STEP
火葬
STEP
支払い

現金以外にもクレジットカードやローン払いにも対応

札幌で自分に合った葬儀社の選び方

マサヒロ

自分の希望に100%合った葬儀社を見つけるのは簡単なことではありません…

  • 少しでも安い葬儀社
  • 大きな駐車場のある葬儀社
  • 宿泊施設のある葬儀社
  • 家族葬に対応した葬儀社
  • 地元の風習に詳しい葬儀社
  • 大手で名前の知れた葬儀社

葬儀社に求めることは人それぞれ異なりますが、少しでも自分の希望に合った葬儀社を探すには複数の葬儀社を比較することが大切です。

複数の葬儀社を比較し各葬儀社のサービス内容や葬儀費用をチェックすることで多くの人がしている葬儀後の後悔を防ぐことができます。

くらべる葬儀 後悔

しかし、1件ずつ葬儀社を調べて比較することは大きな手間となり、急に執り行うことの多い葬儀では葬儀社を比較する余裕のない人も少なくありません。

このような時は葬儀資料の一括請求サービスを利用することで希望エリア内にある複数の葬儀社資料を一括で取り寄せることができ、葬儀費用や葬儀サービスを簡単に比較することができます。

取り寄せた資料をもとに複数の葬儀社を比較することで「希望の葬儀だと葬儀費用の相場は〇〇万円くらいだね」「ここの葬儀社は最初から最後まで担当者が同じ人だって」など、葬儀社選びの基準を自分の中に持つことができます。

急な葬儀でいきなり葬儀社を決めようとしているや1社だけしか葬儀社をチェックしていない人は1分ほどの簡単入力で資料を取り寄せられるので、葬儀社を決める前に一度資料請求をしてみて下さい。

資料請求は無料で行うことができメールと郵送のどちらか好きな方法で資料を受け取ることができますが、資料請求をしたからといって必ず葬儀社を利用する必要はありません。
葬儀内容や葬儀費用など、あなたが納得した時のみ葬儀社を利用すれば問題ありません。

まとめ

札幌で実際に小さなお葬式を利用した人の口コミ・評判について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

小さなお葬式を利用することで自分一人では調べることが難しい札幌の葬儀社を紹介してもらい10万円台から葬儀を行うことができます。

複数の葬儀社を比較しながら故人の希望を少しでも叶えられる葬儀社を選んで下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

マサヒロのアバター マサヒロ 終活ガイド認定者

祖母の死をきっかけに終活の大切さを痛感し終活ガイド認定者に。
初めて葬儀をする人に少しでも役立つ情報を提供するため、本業のITスキルを活かしてこのサイトを作りました。

目次